車のラッピングが出来る箇所

車のラッピングが出来る箇所 所有している車を少し特徴づけたい、あるいは長年乗っていた愛車の印象を変えたいときなどには、カーラッピングという方法が最もポピュラーとされています。 ラッピングできる箇所は請け負う業者にもよりますが、天井のすべてあるいは一部、ボンネット、ボンネットグリル、ミラー、ディフューザー、ドアステップ、ピラーなどがあります。 こういった箇所の部分的な施工や、あるいは全面的な施工、またはツートンカラーのようにする、そして色は変更せず表面保護のために利用するなど、業者によってさまざまなラッピング方法を依頼することができます。 上記のようにラッピングできる箇所自体はほぼ車の全面に対応している業者が多い一方で、依頼をした車の形によっては部分的な施工ができない場合もあるため、依頼をする前に業者に質問しておくとよいでしょう。 また業者によっては内装にも対応しており、インパネまわりや、ドアノブまわりなどを従来の色や質感から変更することが可能です。

車のラッピングはまず見積もりから

車のラッピングはまず見積もりから 車のラッピングを注文する場合に何が一番大事かと言いますと見積もりになります。
見積もりの時にどんなカラーにするのか、どんな模様を貼るのか、どんな素材を使用するのか、どこに貼るのかといった細かい部分を決めていき、そして料金が決定されます。
もちろん車の種類や年式やグレードにょってはできない作業もあるのですが、ここで具体的に相談して話を詰めていき決定していくことになりますから、とても重要なことになります。
もし見積もりの時点で来店することが難しいという場合はラッピングシュミレーター等を使用して、希望を伝える必要があります。それを見て業者が車にラッピングできるかどうかを判断して料金を決定することになります。
デザインや素材の品質や作業時間によって料金が左右されますが、見積もりで納得した初めて契約となりますので、ここは手を抜かずにしっかりと業者と話し合って決定した方が良いでしょう。
車のラッピングは事前にしっかりと決めておくことによって仕上がりが良くなります。



新着情報

◎2017/10/17

ラッピング車両のメリット
の情報を更新しました。

◎2017/8/22

ラッピングフィルムの耐久性
の情報を更新しました。

◎2017/6/21

価格と耐久性
の情報を更新しました。

◎2017/4/26

車の宣伝効果
の情報を更新しました。

◎2017/2/7

車のラッピングのやり方
の情報を更新しました。

「車 ラッピング」
に関連するツイート
Twitter